定期イベント

【四象降臨】イベントの進め方と6周年から始めた騎空士が手に入れたい武器・アイテムを紹介します【グラブル】

更新日:

はじめに

どうもサニカンです。

 

グラブルで開催される定期イベント『四象降臨』がやってまいりました。

6周年から、あるいはそれ以降から始めた人にとっては“ほぼ”初めて目にするイベントなんじゃないかと思います。

(6周年とかぶって開催された四象降臨は、僕はそもそもアカウントを立ち上げたばかりで戦力もクソもなかったのでほとんど進められませんでした)

 

古戦場やブレイブグラウンド(BG)、撃滅戦と並ぶ貴重な武器やアイテムを入手できるイベントなので、

四象降臨にあまり馴染みのない人向けに、

イベントの進め方と武器・アイテムのおすすめ交換優先度について紹介していきます。

 

必ずしもこれが最適解というわけではありませんが、

参考の一助にしてもらえればと思います。

 

『四象降臨』の進め方

開催頻度と目標の立て方

『四象降臨』はだいたい2~3ヶ月に1度のペースで開催されます。

 

いわゆる初心者(始めたて)~中級者(マグナⅡ編成に取り掛かり始める頃。基準は僕の独断と偏見による)へ成長する速さは、

子どもの成長期に似たようなもので戦力の伸び幅が最も早い時期ではないかと思います。

 

毎日欠かさずプレイしている人であれば、

早ければ1ヶ月で中級者レベルまで成長する人もいれば、

コツコツ3~4ヶ月くらいで成長する人もいるでしょう。

 

今回の四象降臨から次の四象降臨を迎えるまでの期間(2~3ヶ月)でどれだけ強化や成長が進むか、

今の自分のプレイ速度を把握しておくことで、今回の開催でどの程度頑張ったらいいのかが見えてくるはずです。

 

無理をしすぎて燃え尽きてしまったらまぁそれはそれで満足ならいいのかもしれませんが(笑)、

逆に手を抜いてしまったことで例えば十天衆の加入で次の四象降臨までお預けを食らう羽目になったり、

マルチバトルや古戦場の貢献度レースでイマイチ突き抜けることができずに歯がゆい思いをしたりしたらとてももったいないと思います。

 

向こう2,3ヶ月でどのくらい戦力が伸びるか、ある程度の予測を立てて周回する場所、集める素材の数量の目算をつけることができれば、

あとはそれに沿ってひたすら周回するのみです。

 

JUST DO IT!

 

 

おすすめの周回方法

四象イベントでは、他のイベントにはない特徴として、難度「MANIAC」「PROUD」「PROUD+」を除いたバトルで「ボーナスタイム」が設定されています。

ボーナスタイム中はもらえる四象の輝きが割増しになるだけでなく、

パーティーの攻撃力とHPが上昇するのでボーナスタイムがついていないときと比べて周回効率が圧倒的に良くなります。

 

さらにアサルトタイム(AT)になるとAT中はすべての属性の敵がボーナスタイムの対象になります

 

あとでも触れますが、「デイリーミッション」をこなすのにボーナスタイムを気にして動かないといけないのが面倒であれば、

AT中にまとめて片付けてしまうといいでしょう。

 

「MANIAC」と「四象の試練」について

やや戦力が整ってきた方向けにはなりますが、

シングルバトルの「MANIAC」と「四象の試練」は、

1回討伐するごとに水晶の輝きが問答無用でMAXまで貯まります。

 

中途半端に水晶の輝きを貯めたまま、

気まぐれに「MANIAC」や「四象の試練」をやってしまうとそれまで貯めた水晶の輝きが無駄になってしまうので、

四象ボス周回の一番はじめに終わらせるかEX+を終えた直後に挑戦するのがいいと思います。

このときEX+で出てくるボスはボーナスタイム中の属性になります。

 

ちなみにEX+を倒さないと水晶の輝きはリセットされないので、

戦力に自信がなくてもちゃちゃっと救援に出してリセットしちゃいましょう。

 

ボスの種類

マルチバトル

EX(朱雀・玄武・白虎・青龍)を一定数倒していくことで水晶の輝きが貯まり、

輝きがMAXになるとEX+(アグニス・ネプチューン・ティターン・ゼピュロス)が出現します。

 

水属性のEX+がヴァルナではなくなぜネプチューンなのか・・・不思議ですね。

 

各属性5回ずつ討伐するとデイリーミッションでクロム鋼が1個もらえます。

 

毎日コンプリートすれば開催期間の長さにもよりますが6~8個はもらえるはずなので欠かさず集めることをお勧めします。

 

 

シングルバトル

 

四象の試練とMANIAC、PROUD(+)が主な周回場所になります。

 

試練は以下の武器に第2スキルを付与するアイテム「秘文書」を作るのに必要な素材「霊宝」が入手できます。

 

霊宝は試練を2~3回周回すれば5個程度集まりますね。

自発素材に印符を使うので周回の目安にしてもらえれば。

 

 

PROUDとPROUD+は中級者以上向けのコンテンツですね。

 

僕が挑戦してみた感じだと、

最低でもマグナⅡボスの特殊技に耐えられるくらいの戦力は欲しいです。

キャラが揃っていればマグナ3凸編成でもギリギリいけるかもしれません。

 

黄龍・黒麒麟(PROUD+)は光属性と闇属性2体同時に戦うことになる上CT技が凶悪なので生半可な編成だと手も足も出ません。

 

僕は1度挑戦してみて今回はどうあがいても無理だということを悟りました。

ちなみにこの編成で挑みました。

 

次の四象降臨では何とか討伐したいものです。

 

VH以下については特に語ることがないので割愛します。

 

黄龍・黒麒麟

メインクエストのダイダロイトベルトに出現する「黄龍・黒麒麟」。

 

自発素材を作るための素材が四象降臨で手に入るため、

常設のマルチバトルではありますが主に四象降臨の開催に合わせて共闘マルチも活発になります。

 

討伐報酬はこんな感じなのでめちゃくちゃ人気のマルチなんじゃないでしょうか。

 

何やら不穏な❕マークがついていて不気味さが漂っています。

 

❕マークの正体はこれ。

 

どんだけ特異なボスなのか知りませんが、

バトル中装備中の武器のスキル、召喚石の加護効果を受けることができないのです。

 

なので背水とか渾身とか、武器スキルで得られる恩恵は乗らないので編成しても意味がありません。

 

純粋に武器のステータスとキャラパゥワーのみで戦うため、

黄龍あるいは黒麒麟に挑む際の武器編成はこんな感じになります。

現状持っている武器の中でひたすらステータス(特に攻撃力)が高いものから順に突っ込むだけです。

 

召喚石も同様。

 

属性の有利・不利の補正は効くので黄龍に挑む際は闇パ、黒麒麟は光パで挑むのが順当です。

 

召喚効果はちゃんと機能するのでサポ石にシヴァや4凸以上のバハムートなどを置いて一気に大ダメージを狙います。

 

となると考えつくのが、

「カツオを4凸すれば初手でフルチェインが打てるのでは?」

というもの。

 

残念ながらカツオ4凸を召喚しても初手フルチェインを打つことはできません。

 

理屈が分からない方は実際に試してみてください。

 

 

武器・アイテム

討伐章

コンプできるに越したことはないです。マルチなら1戦で2枚くらい落ちると思います。

 

四象交換

「取得重要度」と「取得優先度」の観点から主なラインナップを僕なりの視点から評価してみたいと思います。

武器に関しては性能を試していない分エアプになる部分もあるかもしれないのであしからず。

 

クロム鋼

取得重要度:高

取得優先度:高

 

言わずと知れたヒヒイロカネ・久遠の指輪の原料。

クロム鋼を入手できる機会は現状四象降臨以外にない。

 

特に十天衆の加入を考えている人には重要度の重みが違う。

次の四象降臨開催までに何人十天衆を仲間にしたいかで集める個数は変わるけど、

明確な目標がなくてもヒヒイロ1~2個作れるくらいは確保しておきたいところ。

 

こういう武器シリーズその1

取得重要度:高

取得優先度:(特に直近の古戦場の有利属性)高

 

他と比べて比較的新しく実装された武器。

夏ノ陽炎は火属性武器では希少な必殺スキルもち(テュロスビネットの火バージョン)、

冬ノ霜柱はオッケの水バージョン、

秋ノ落葉と春ノ柔風もクセのないスキルで扱いやすく取っておいて損はないと思われる。

 

十天衆加入ワールド素材セット

取得重要度:中

取得優先度:中

 

在庫5個取りきって十天衆「一人」加入分の素材になると思われる。

火急で仲間にしたい十天衆がいるけど素材が足りない!

ていう場合でなければ取りたい武器を交換してからでいいと思う。

 

フローレンベルク:現状使う機会はない。

 

こういう武器シリーズその2

取得重要度:高

取得優先度:(特に直近の古戦場の有利属性)高

 

アイテム「秘文書」を使うことで「王」「覇」「邪」の中から好きなものを選んで第2スキルを付与できる武器。

武器の在庫は3個なので3種類すべての武器を作ることは可能だが、

「邪」は全属性共通で「ダメージ上限アップ」がついてこれが分かりやすく強い。

レベルを101にすると「攻刃→「攻刃Ⅱ」に変化し、マグナ編成でもより強力な武器が手に入るまでのつなぎに使える。

 

こういう武器シリーズその3

取得重要度:低

取得優先度:低

 

○番手のキャラにメリットとデメリットを付与するスキルを持つピーキーな武器。

少なくともマグナ編成で使用する機会はほぼない。

 

印符

取得重要度:高

取得優先度:高

 

以前は在庫制限なんてなかったはずなんだけど・・・

1個交換するごとに輝きの要求が増えるクセモノ。

 

・四象の試練の自発素材

・四象武器の4凸素材

・黄龍・黒麒麟の自発素材の作成素材

などなど要求される場面が地味に多い。

その割に集めるのもそんなに楽じゃない。

 

集めなきゃいけないんだけどたぶん集めるのが一番億劫に感じるアイテム。

 

Sレア確定ガチャチケット

取得重要度:中

取得優先度:中

 

銀月がもらえるチャンス。

「特別チケット」扱いのため御印の対象には含まれない。

 

こういう武器シリーズその4

取得重要度:中~低

取得優先度:中~低

 

バーナーは賢者でのヘイロー周回に役立つ。

三叉鉾と銀琴は土日スライムやスラ爆で使うこともあるけど

ないと困るほどのものでもない。

 

大地の剣は・・・うん、まぁ。エレメントとか?

 

EX+でも属性を問わずにドロップすることが稀にある。

 

その他アイテム

取得重要度:中

取得優先度:低

半汁はコスパがいいと思う。

その他も取らなくても特別後悔することはないと思う。

目当ての武器とかクロム鋼が取れてまだ余裕があったらくらいかな。

 

番外編:黄龍・黒麒麟武器・召喚石

 

30連の共闘マルチに2~3回入れば武器1個と交換できるだけの素材は集まると思う。

ゆくゆくはすべての武器と召喚石を手に入れたいが、

おすすめを上げるならまずは黄龍拳と麒麟剣。

 

メイン武器採用もさることながら、EX攻刃と属性ダメージ軽減のスキルがあるので高難度マルチで採用の余地がある。

 

麒麟弓もダメージ上限上昇スキルがあるので魅力的。

 

個人的には取れるもんなら全部取りたいけど。

 

まとめ

四象降臨は経験回数が少ないほど

やることがてんこ盛りになっているイベントです。

 

この機を逃したら次の古戦場に間に合うだろうか・・・

という一抹の不安を抱えながら走りかねないかもしれないのである意味精神がすり減る苦行にもなってしまう鬼畜イベントですが、

しっかり目標を見据えてこなしていけば戦力の増強の恩恵も大きいイベントです。

 

ご自身のペースで無理なく、楽しんでいきましょう~('ω')ノ

 

-定期イベント

Copyright© サニブるっ!~サニカンのグラブルライフ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.