撃滅戦

【2020年6月版】ゼノ・イフリート撃滅戦のトレジャーおすすめ交換優先度と素材の集め方を紹介します【グラブル】

投稿日:

はじめに

どうもサニカンです。

 

グラブルの定期イベントの一つ、

ゼノ・シリーズ撃滅戦の火属性、ゼノ・イフリート戦がやってきました。

 

6周年から始めた人であれば撃滅戦シリーズのボスとの対戦はこれで3体目になると思います。

 

え?ほかに戦ったことある奴いたっけ?

と思う人もいるかもしれませんが・・・

 

 

まぁそれはともかくとして、

6周年勢の人に限らず、ゼノイフ撃滅戦は今回が初めてという人や、

撃滅戦自体あまりなじみのない人向けに、

今回のゼノイフ撃滅戦で手に入れられる武器・アイテムのおすすめや、

それらのトレジャーと交換するのに必要な素材の集め方について僕なりの視点から紹介していこうかなと思います。

 

ランク60~70の頃にゼノ・ディアボロスに挑戦して4凸武器を1本作成した時の経験なんかも交えて書いていくので、

戦力的にあまり自信のない人でも参考にできる部分はあるかもしれません。

 

 

ゼノ・イフリート撃滅戦の進め方

ゼノイフに限らず撃滅戦シリーズが開催されたら、

「討滅戦」とは別にゼノシリーズのEX・MANIAC・マルチが出現します。

 

期間はおよそ1週間ほど。

ちなみに最近の撃滅戦は2種類のボスが同時に出てくるのが主流となっていましたが、

2020年6月はゼノイフのみの単独開催となっています。

 

開催期間は素材の収集労力に対してそれほど長いとは言えないため、

戦力が整っていない層にとっては単独の方が集中的に取り組めるのはメリットかもしれません。

 

 

基本的な素材収集の流れとしては、

「ゼノ・イフリートの真なるアニマ」をマルチバトルで集める

②撃滅戦のEX・MANIACをひたすら周回して、

③たまに出現する(MANIACは確定で)HELLをこなして「灼滅の金剛杵」を集める

のがスタンダードになるかと思います。

 

撃滅戦において集めるのが特に重要となる素材は「真なるアニマ」と「金剛杵」の2つ。

 

初心者のうちはまずマルチに入って真なるアニマを集めることに専念するのがいいかもしれません。

 

自発ではなく救援に入りまくれば1戦で真なるアニマは1~2個、

金剛杵もわずかですが3~4戦に1個くらいは落ちるはずです。

(マルチで金剛杵を集めるのはあまり期待できません。真アニのついでくらい)

 

運が良ければ武器・召喚石の直ドロップもあるかもしれません。

 

僕がランク60~70の時にゼノディア撃滅戦をやった時には、

上記の方法で期間を通じて1本だけアドヴォケイトがドロップしたので

その分だけ素材集めの手間が省けました。

 

僕は今回のゼノイフ撃滅戦で初めて知ったんですけど、

イベント中は共闘マルチ部屋も立てることができるみたいなので、

そこに参加するものありかもしれないです。

 

まぁ普通にイベント救援に入るだけでもそれなりに素材は集まるのでどっちでもいいと思います。

 

金剛杵集めはどの難易度がおすすめか?

 

最効率はLv120です。

1戦で3~4個落ちます。

 

でもどうしても倒せないという人もいると思います。

 

その場合は何とか頑張ってLv100は倒しましょう。

コロマグをソロ出来るくらいの戦力があればいけると思います。

 

Lv100でも実はLv120と金剛杵のドロップ率はそれほど変わりません。

 

ストレスがなければスキップできなくてもLv100を倒したいところですが、

どうしても無理であれば金剛杵の泥率は下がりますがLv70(コロマグよりちょっと弱いくらい?)をスキップして周回する方が精神衛生上良くなることもあるかもしれません。

 

ゼノイフ武器・アイテム交換優先度【2020年6月版】

上記の周回方法を実践して、

どの武器やアイテムから交換していくのがいいかを、

今回僕も初めてのゼノイフになるので僕が交換する予定のものも紹介しがてら、

主なラインナップを「取得重要度」と「取得優先度」の観点から紹介していきます。

 

ゼノ・イフリート

取得重要度:(初心者ほど)高

取得優先度:中

 

2020年6月より新しく実装された召喚石。

加護の通り、編成に火属性武器を積み込むほど火力が上がる制限付きの「カジノのアナト」のような召喚石。

 

3凸で100%、4凸で120%という効果量だけで見るとへたなガチャ産より良さそうな性能ではあるけど、

持っていれば環境ががらりと変わるというわけでもなさそう。

 

コロマグが3凸できてマグナ武器を並べられるようになるまでのつなぎや、

あるいは召喚効果が3倍ダメージと火属性攻撃アップなのでダメージソースと火力サポートに貢献できる。

 

六道・灼滅天の刃鎌

取得重要度:高

取得優先度:高

 

2020年6月に新しく5凸が実装された武器。

鎌なのに斧ってどういうことやねん!!

 

EX攻刃武器の中ではアストラルウエポンに次ぐトップクラスの性能でメイン武器としても非常に優秀。

 

火属性の中では長らくイフ斧を握ったベルセルクが覇権を握っていたこともある。

 

初心者であってもできることなら4凸まで何とか完成させておきたい逸品。

 

焔ノ太刀

取得重要度:高

取得優先度:高

 

ザ・グローリーのメイン武器として猛威を振るった(?)武器。

刀ということもあってメイン武器として使えるジョブが限られてくるので

初心者のうちだとイフ斧の方がお世話になる機会は多いと思う。

 

戦力が整ってきてイフ斧だけじゃないいろんな編成を試したくなったときにおそらく欲しくなるはずなので、

 

今使う機会がなくともなるべくなら取っておきたい。そして4凸したい。

(EX攻刃枠としてサブにも十分入る)

 

ちなみに:斧と刀はどちらから集めるのがいいか

どちらかしか集められそうにないという場合、

ギリギリまで交換を待って、

直泥した方から作成するのが個人的にはいいかなと思います。

 

そして作るのであれば可能な限り4凸まで。

 

僕の場合はゼノディアボロスにてアドヴォケイトの方が先にドロップしたのでそちらを4凸まで作成しましたが、

今となってはゼノディア刀もグローリーをこんなに使うなら作っておけば良かったなと個人的に後悔しています(^_^;)

キャパの問題でどのみち無理だったとは思うんですけど。

 

 

話は戻ってどっちも落ちなかったらメイン武器として初心者のうちから握りやすいのはイフ斧の方だと思うので、

刀での運用目的が明確になっていなければイフ斧の方が無難かなと思います。5凸も実装されましたし。

 

イフリート

取得重要度:低

取得優先度:低

 

性能的には4凸しても現環境で使う場面はほぼないし、

交換してまで手に入れたいものではないけれど、

エレメント不足の人にとっては直泥してくれればありがたい。

 

イフリートへの愛が抑えられないなら止めはしない。

 

己の意志を貫くことが大事。

 

責任は持ちません。

 

イフリートハルベルト

取得重要度:低

取得優先度:低

 

イフリートもそうですがそもそも撃滅戦でなくとも集めようと思えば常設の討滅戦でも手に入れられます。

 

前のアカウントではなんか執念に駆られてセージ用に4凸まで作成しましたがおすすめはしないです。

 

初心者のうちの武器枠を埋めるつなぎ武器としてであってもワンチャン入るか入らないか・・・程度です。

 

わざわざ撃滅戦で交換する必要はありません。

ドロップすれば貴重なスキル餌行き。

 

エレメント系

取得重要度:中

取得優先度:低

 

上限解放する際に大量に要求されるため足りなくなりがちなので一見魅力的に映るかもしれません。(僕もはじめはそう思っていました)

 

ところが最初の5個を交換すると

 

この通りなので斧や刀を4凸まで作成できてまだ余裕があったら、

くらいですね。

 

その他

武器を作成するのに手一杯になると思います。

 

こんな感じですかね。

 

 

まとめ

新召喚石が実装されたということで性能が話題になっていましたが、

蓋を開けてみれば「ふ~ん…」という感じで現環境を

がらりと一変させるほどのインパクトはありませんでしたね。(バッサリ)

 

イフ斧も5凸後の性能も加護にHPが追加されたり、

奥義効果が多少強化されたりと割と無難な感じに収まったので

「まぁせっかくだから作っとくかー」

くらいのノリで作る分にはちょうどいいと思いました。

 

ゼノイフに端を発して今後の撃滅戦でも新召喚石や武器の5凸が実装されていくと思われるのでそれらの性能も気になるところではあります。

 

まずは目の前のゼノイフさんの胸を借りて、

できることなら斧と刀の4凸は作成したいところではあります。

 

皆さんの参考になれば幸いです~('ω')ノ

 

 

-撃滅戦

Copyright© サニブるっ!~サニカンのグラブルライフ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.